google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto

SHUBLOG/運動オタクの知識解放

とにかくみんなにトレーニング・運動を勧めるブログ! トレーニングのあり方や、自身が考える運動の必要性などを伝えていけたら。 健康についての記事を中心にアップする。

運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスについて疑問に思っていることを解決していくブログ。
運動は一時的に行うのではなく健康的なダイエット、無理をしない運動を一生続けていきたい!
基本的には運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスを肯定していくので心が折れそうな時にも読んでほしい笑

大好きなお酒を止めずに、できることならお腹の脂肪を落としていきたいですよね!





毎日の疲れやストレスをお酒で癒しているのに、止めないと体脂肪を落とせないなんて厳しすぎますよね。。。





では、実際アルコールを止めないとお腹の脂肪は落ちないのでしょうか?ダイエットできないのでしょうか?







結論から申し上げると、アルコールを続けても体脂肪を落とすことは可能です。





ただ、茨の道であるということは念頭においていただく必要がございます。





筆者はパーソナルトレーナーであり、毎日多くの方の体の悩みや相談を受けています。






自身も体重の増減を確実にコントロールしています。

View this post on Instagram

A post shared by 山田周慈「筋トレ初心者」神戸元町パーソナルトレーナー (@shuuuji.2nd)




そんな僕がパーソナルトレーニングの経験や自身のボディメイクの経験から、アルコールを続けながらダイエットをすることが可能なのか考察します。




この記事を最後まで見ていただけると 、アルコールを続けながらダイエットする方法と、アルコールを止めるメリットを理解できます。





実際にこれから体重を落としたい、痩せたい、お腹のぜい肉を落としたい方は必見です。











①【基礎知識を知ろう】アルコールとは?



アルコールは1グラムあたり7.1キロカロリーを生じます。
アルコール自体のエネルギーは糖質、脂質、たんぱく質といった他の栄養素と異なり、体に蓄えられることのないエネルギー(いわゆるエンプティーカロリー)といわれます。吸収されたアルコールは体に蓄えられる代わりに熱になり、酸素消費量が増えてエネルギーが消費されることになります。
ー厚生労働省 e-ヘルスネットより引用






アルコールとは、エンプティカロリーと言って、カロリーがあるにも関わらず、身にならない特殊な栄養なのです。





カロリーは普通、糖質・脂質・タンパク質という三大栄養素からなります。




それぞれ、糖質は主なエネルギー源になり、余ったエネルギーは筋肉中に蓄えられたり、中性脂肪となって体内に蓄えられたりします。






脂質は、糖質よりも大きいエネルギーを持ち、細胞膜を作る上で欠かせません。





タンパク質は、筋肉やエネルギーとなります。




では、アルコールはどうでしょうか?




アルコールは、エネルギーにもならず、かといって身体を構成することもありません。





気分が高揚したり、酔った状態になることでストレスを発散できるメリットがあります。





ですが、栄養価はなく、人体にとって有害であるため肝臓を中心に解毒され代謝されます。





以前は百薬の長と呼ばれていましたが、最近の研究では、残念ながら百害あって一理なしと結果が報告されます。






栄養価もなく代謝される際に内臓に負担を掛けるという意味では体に悪いですが、ストレス発散や息抜きになるという意味ではタバコと似た立ち位置と言えます。









②アルコールを続けながら体脂肪を落とす方法 







体脂肪を落とすためには、アンダーカロリー(消費カロリー>摂取カロリー)とならなければいけません。




上記にも記述した通り、アルコールにはカロリーがあります。





つまり、アルコールを飲むとその分1日の摂取カロリーが増えます。





お酒を飲みながらダイエットを成功させるためには、1日のアルコール摂取量分のカロリーとその他食事や飲み物から摂ったカロリーを合わせた摂取カロリーを上回る活動量で消費カロリーが増すと痩せる計算となります。





厄介なのは、摂取カロリーも消費カロリーも正確には測れないということ。




例えばデスクワーク中心の方は身体活動がほとんど起こり得ないため、やはり消費カロリーは低いでしょうし、肉体労働者においては身体活動における消費カロリーがかなりあると考えます。





あなたがもしデスクワーカーで、身体活動量は決して高くなく、毎日飲酒を続けながらダイエットしたいのであれば、運動する時間を捻出しカロリーを消費するほかないでしょう。





これらのことから、アルコールを摂取しながらのダイエット・引き締めは理論的には可能ですが、かなり困難と言えます。






筋肉量が一般人より多く毎日筋トレをしている筆者でも体重・脂肪を落とす際は一切のお酒を断ちます(ゆっくり減量する場合は飲みながらでもやりますが、週に1、2回飲酒をするのみ)。






③アルコールを止めた方がダイエットは成功する? 






結論から言うと、
ダイエットが成功するためには、アルコールを止めた方が良いでしょう。



これは間違いないです。



②で示したように理論上はアルコールを毎日摂取してもダイエットは可能です。




ですが、困難を極めるでしょう。



多くの方は運動にそこまで時間を費やせないので。






さて、ここまで読んでいただいた方は、1日どのくらいのアルコール摂取量が推奨されているかご存知ですか?



厚生労働省の示す指標では、節度ある適度な飲酒は1日平均純アルコールで20g程度の飲酒
20gとは大体「ビール中ビン1本」「日本酒1合」「チューハイ(7%)350mL缶1本」「ウィスキーダブル1杯」などに相当
ー厚生労働省 e-ヘルスネットより引用







お酒が好きな人なら理解できると思いますが、この量はかなり少ないですよね?




 こんな量で酔えるか!と思ってしまいます。(酔うのが気持ち良い、お酒を飲む以上ある程度僕は酔いたいので) 
 




僕は、今の生活習慣が今の体を反映すると思っています。




お酒を飲むことが毎日の習慣の人と、週2回の人では週2回だけお酒を飲む習慣の人が痩せやすいです。





毎日飲む習慣を週6回にしたり週5回にする(いわゆる減酒と呼ばれるそう)だけで今の体は少しずつ変化していくでしょう。






某ダイエットにコミットしていく系パーソナルジムでは、完全にお酒を絶つよう言われると思いますが、それではストレスになります。
確かに確実に体重と体脂肪は落ちると思いますが…。






ストレスはリバウンドを産みます。






ダイエットが終わっても元の生活習慣に戻ると元の体に戻ります







ダイエットが終わっても続けていけそうな生活習慣でうまい落とし所を見つけて頑張っていきたいところですね! 





IMG_3663






2021/09/05、何気なくいつも観ているラグビーの試合のことでした。




ニュージーランド オールブラックス対オーストラリア ワラビーズの試合、いわゆるブレディスローカップと呼ばれるものです。




いつも通りオールブラックス優勢で試合が運ばれていました。




試合時間の27:54に試合が止まりました。

オールブラックスの15番フルバックのジョーディ・バレットがハイパントの処理の際に故意か不本意かスパイクの裏を相手選手の11番ウイングのマリカ・コロベテの顔にぶつけてしまいました。
IMG_3004



マリカ・コロベテ選手はその場で顔を押さえてうずくまり、試合はすぐにストップされました。
IMG_3005



判定は難しくテレビで観戦していた僕も、故意か事故か判断が難しかったです。




ワールドラグビーは近年選手の安全性の向上に力を入れているのは周知の事実で、ハイタックルを厳しく判定したり、脳震盪の疑いのある選手は重大な疾患にならないようにテストを受けなければいけなくなったりしています。


そんなラグビーですから、当然ジョーディ・バレットにレッドカードが出ました。
IMG_3007




これまで、ラグビーにおけるレッドカードは大きなアドバンテージでした。


レッドカードは1発退場を意味しており、レッドカードを出されたチームはその試合を通して1人少ない状況で闘わないといけないからです。


ですが、この試合ではある新ルールが試験適用されました。



調べてみるとESPNの4月の記事にワールドラグビーによる新ルールが試験的に適用されるという記述がありました。
https://www.espn.com.au/rugby/story/_/id/31348315/rugby-red-card-replacement-trial-achieving-desired-outcomes





レッドカードを受けた選手は、即退場。



これは従来のルールと変わらないが、退場後20分経過すると退場選手以外の選手を投入することが可能になったそう。




レッドカードを出されたチームは、20分間は14人で敵対しないといけないが20分後には元の15人に戻すことができるようになったそうです。 



このルールが適応されることによって、レッドカードの重い罰は軽減されるが、20分後は元の15人に戻せることでレッドカード提示後もよりスリリングな試合を楽しめることができるようになります。



皆さんはこの新ルール、どう思いますか?😊






痩せてカッコいい綺麗な身体になるーーーー





誰しもが1度は夢見ることなのではないでしょうか?







ではどうやって痩せるのか?




真っ先に思い浮かぶのは筋トレなどのキツいトレーニングをしてキツい食事管理をイメージするのではないでしょうか? 





では本当に筋トレや食事管理などのキツいことをしないと痩せないのでしょうか?



答えは「キツい運動をしなくても痩せることは可能」です。






筆者はトレーナーとして延べ1000人以上の方のダイエットをサポートしてきました。

自身もボディメイクをして、痩せたり太ったりは自由自在に変えることが可能です。

その経験から言わせてもらうと、必ずしもキツい筋力トレーニングをしたりキツい食事管理をしないと痩せない訳ではありません





『痩せる=体脂肪を落とす 』
ためには、ある原則に従う必要があります。




『消費エネルギー(kcal)>摂取エネルギー(kcal)』





この原則に則ると、足りないエネルギーは、体内の体脂肪や筋肉を燃やしてエネルギーにします。



 つまり、とにかくエネルギーを消費することが何よりも大切ということです。





同じ時間続けてエネルギーを消費するのは、 確かにキツい運動ですが、キツい運動は長い時間継続できませんよね?






それだったら易しい運動を長時間継続したほうがエネルギーを消費するんです。




激しい筋トレを30分やるより、易しい運動を1時間やった方が痩せるのです。





易しい運動を具体的に紹介すると、

・ウォーキング
・階段を昇る
・自転車を漕ぐ
・プールで泳いだり、歩いたりする
・ケトルベルを振る(下記ページに詳細を載せています)


などなどです。



上記の運動をしっかり続けてエネルギーをよく使うとキツい運動しなくても痩せることが可能です。




あくまで、エネルギーを過剰に摂取しないことが前提ですが。。。




この記事を読んでいるそこのあなた、
今現在の生活を思い返してみてください。




日常生活でエネルギーを消費していますか?



昨今新型コロナウイルスの影響により、通勤時間もなくなった方はいよいよ自身で何か運動を始めるなどしてエネルギーを消費しない限り痩せることはないでしょう。




もちろんキツいトレーニングを続けることができれば痩せるのも時間がかからないでしょうが、やさしい運動でもエネルギーさえ消費できれば痩せていきますので、是非易しい運動から始めてみてくださいね!
 



以上約1年ぶりの更新でした笑


この1年間はYouTubeを更新していました。
https://youtube.com/channel/UCEAyMz878XTpCZGW3iEqdHQ
よかったらチェックしてみてください。




自宅でのオススメの運動(ケトルベルトレーニング)についてはコチラ↓
https://youtu.be/fxS5qfDyIDc






オススメのケトルベルはコチラ↓
 https://amzn.to/3j7ba4O



IMG_2519


こんにちは!



景気が悪い悪いと言われていたこのご時世に去年から始まった新型感染症の脅威…


先行きが不安になる日が続きます、、





今までにも人類はペストやコレラ、天然痘などの感染症や戦争、飢餓など様々な危機に直面してきましたが犠牲になった人はいてもその度にその困難を乗り切っていたらしいので、今回も大きな被害や犠牲の上で、なんとか乗り越えていくんでしょうねと日々感じています。




言いたいことはまとまりませんが、とりあえず今を精一杯生きるしかないんだと感じます



何が起きてもいいように健康維持のためにも運動は続けていこうと思います


中身のない記事…笑





また、この新型コロナウイルス感染症の事態にしかできないこともあると信じて、新しいことにチャレンジしていきたい!





YouTubeも変わらず日々更新していますので、自宅で運動したい方は是非ご覧ください!  


IMG_2520








こんにちは!




シュウジです😊




気付けば12月で年の瀬ですね!





前回YouTubeを始めますという記事を

5月に出してから7ヶ月も放置してしまっていました。。笑








その記事の通り、この7ヶ月はYouTubeに注力しておりました!





YouTubeも少しずつ慣れてきており、

今では登録者420人になりました😤





とりあえずは今後もYouTubeの投稿を続けていきたいと思っています!







さて、久しぶりの投稿になりますが本日は「若々しくあるために」



というテーマで記事を書いていこうと思います✨





僕を含めてほとんどの人は歳を取りたくない、いつまでも若くありたいと思っているでしょう。





恐らく過去を生きた人を含めて、どんな権力者だって偉人だって同じように思っていたはずです。





ですが残念ながら歳ってとっていくんですよね😭






僕はトレーナーとして年間何百人という方にトレーニングを提供しています。







パーソナルトレーニングを受けて下さるほとんどの方が僕より年齢が上で、有難いことにトレーニングを提供すると共に、逆に僕の方が色んなことを勉強させていただいています。








色んな年齢や性別のお客様がいる中で、実際の年齢に比べて明らかに若々しく活力を持って過ごされている方が何名もいらっしゃいます!







若々しく過ごされている方の特徴には共通するものがあることに気付きました😊








今日はそんな実年齢より若々しい方の特徴を記事にします。






それは、

「健康であること」


「関心があり好奇心が旺盛であること」






が若々しくあるために大事なことなんだと思います。







僕が大切にしている健全な精神は健全な身体に宿るという言葉の通り、当たり前かもしれませんが若々しくいるためには「健康である」ということが凄く大事なんでしょうね!







健康であることは表情や性格に宿りますし、大病をされたり身体が不自由なると心も荒んでしまいます(勿論健全な方もいらっしゃいます)。







まずは食事・睡眠・運動を整えることで健康の3要素
を徹底して健康を手に入れましょう🏋️‍♂️






また現代社会は、インターネットなどの普及によって日々新しいサービスやアプリ、システムが生まれています。



SNSで言えば例えばInstagramやYouTube、TikTokなど。



新しいサービスなら、NetflixやAmazonプライム、Spotifyなどのサブスクリプション(月額定額制)など。







何歳になっても社会の変化に応じて新しい情報を得ることや、上に挙げたこと以外にも興味を持ってやってみることが若々しくいらっしゃる方の特徴です!







僕もそうですが年齢を重ねるごとに新しいことに挑戦することに怖気付いたり、意欲が湧かなくなると思うんですが、色んなことにチャレンジしたいと思います!





備忘録として2020年に僕が新しく始めたことを書いておきます。


・サーフィン(ハマるまではいってませんが)
・ゴルフ(下手くそですが笑)
・クロスフィット(かなりキツい…笑)
・ブログ投稿(全然投稿できてません…笑)
・YouTube投稿(やっと慣れてきました)



2021年もどんどん新しいことに挑戦したいな🔥



さて、纏めると「若々しくある」ためには

・健康であること



・好奇心を持って様々なことにチャレンジすること





が色んな人をみる職業として感じていますのでブログをもって共有したいと思います!






ここまで読んでいただいてありがとうございます🙇‍♂️





ブログは勿論ですが、YouTubeも「健康・フィットネス」をテーマに投稿していますので是非ザブスクリプトお願いします🤣



YouTubeチャンネル↓
https://youtube.com/channel/UCEAyMz878XTpCZGW3iEqdHQ




IMG_9567





こんにちは!




筆者の山田周慈です😊






この度、YouTubeを始めました!






新しく何かを始めることって楽しいですね!







今は毎日楽しく動画作成しています。





まだまだ閲覧数もチャンネル登録者数も少ないですが、できるだけYouTubeもブログも更新していきたいなと思っています。







ブログで記事で書くときに、トレーニング方法などは言葉では伝えにくいなぁと感じていました😅






これからは出来る限りYouTubeでも活動していきたいと思っています!





なにか始めてほしい企画などコメント欄にてお書き下さい🙇‍♂️

IMG_7154





こんにちは!



筆者の山田周慈です!




最近巷でglp-1ダイエットと呼ばれるものが流行っているそうです!



「ジーエルピーワン」という注射を打つそうです。




今回はそんなglpー1注射の危険性や痩せる可能性について調べたので、柔道整復師・鍼灸師・パーソナルトレーナーである筆者の見解を記事にしていこうと思います。





※あくまで個人の見解なので不快に思われる方は閲覧しないで下さい。



結論から言うと、僕は使用を勧めません。



・なぜ痩せるか?
・リスク、危険性
・効果
について説明していきます!





・なぜ痩せるか?

これについては、このブログ以外の様々な医療機関のホームページで説明されていたので割愛させていただきます。

しかし分かっていてほしいのは、GLP-1について説明しているところは美容クリニックなどですよね?

普通に自分の商品を説明するので、良いことを中心に書きますよね?

あまり信用し過ぎないようにしてください!

どこのホームページでも丁寧だけど長い説明が多かったので超簡単にまとめると、高血糖状態を抑えてくれるホルモンを打つことで、体内に糖質が取り込まれないようにする注射です。

確かに人によって太りやすかったり太りにくかったするのは、GLP-1の遺伝が考えられます。





・リスク、危険性


結論から言うと命を奪うリスクはないと思われます。

医療用ではないので量も少ないです。

クリニックも患者にもし何かあれば大変なので、大量には処方されないでしょう。

逆に言えば、ダイエットに大きな効果が望めるほどの量は処方されません。

そもそもは糖尿病患者に使用して、高血糖状態を抑える薬ですから健康な身体の人に使用するのは非自然と言わざるを得ません。

まぁ自然な老いやカラダの変化に抗うのが美容というものなのかもしれませんが😅

できるなら使用しないに越したことはないでしょう。




・効果

効果が出る根拠はあります。

ただし上記したように、高い効果が望めるほどの量を処方されないので、そこまで大きな効果が見込めるとは思いません。

このGLP-1を打つことで、スイッチが入りライフスタイルを変えることを目的とするならばリスクはありますが使用してもいいと思います!

ただ多くのお客様のダイエットを手伝ってきた僕の立場から言わせてもらうと、この注射を打つことでライフスタイルが変わるとは思いません。

他の記事にも書いていて、くどいほど伝えていますが、ダイエット=ライフスタイルを変える、ということ。

今の食事や生活習慣で今のカラダがありますよね?

注射を使用したとして、注射をやめて元の生活習慣に戻ればリバウンドして今のカラダに戻ると思います。




・まとめ

効果はあるけど、少量使用しても大きな効果は見込めない

個人差がある

生活習慣を変えなければ、結局リバウンドする




以上でした!

あれこれ書きましたが筆者も興味はありますが、使用することはありません😊

IMG_7150





こんにちは!





筆者の山田周慈です。





僕は視力が悪く、毎日1dayのコンタクトレンズをしています。




5005



コンタクトレンズについている↑こちらの空のケースはリサイクルできます!




コンタクトレンズを販売しているアイシティというお店でリサイクルできるそうです😊





こちらをリサイクル業者に回収してもらったお金で角膜移植を支持する団体に寄付をしたり、リサイクルされて新製品に変わったりしているそうです😊





僕自身も今まで捨てていました。
これからは集めて持っていこうと思っています!





僕1人がやっていてもあまり変わらないかもしれないけど、リサイクルはしたいし、地球を汚したくありません。




1人1人が自分に出来ることをやっていくと変わっていくかな😍


IMG_7146






こんにちは。



筆者の山田周慈です。




今回は実際にフィットネスジムで多くの人を指導させていただいたジムトレーナーの僕が、男性がジムに行くときのオススメの格好についてイラストや写真を用いて記事にします。



女性の記事は↓こちらをご覧ください。





こちらからメンズのトレーニングウェア写真です😊



IMG_7373
IMG_7374
IMG_7375
IMG_7376
IMG_7377
5005
IMG_7379
IMG_7380
IMG_7381
IMG_7382




基本的には選択するのはトップス、ボトムズ、トレーニングシューズです。



1.トップス

ここではTシャツかタンクトップ、パーカーなどの選択肢があります。

ジムは年間通して一定の気温に設定しておりますので、気温に合わせて服装を選ぶ必要はありません。

オーソドックスはTシャツでしょう。

速乾性(化学繊維)は乾きやすい特徴がありますが、臭いが気になるというデメリットがあります。

逆に綿は速乾性はないものの、匂いを発しにくいです!

タンクトップはある程度カラダに自信を持ってからがオススメです。

若者はオシャレなパーカーを着てトレーニングする人も見られます。

他のスポーツと違いスピードなどは求められないので、好きな格好でトレーニングするのが最適ですね!




2ボトムズ

ボトムズは、半パンか長ズボンです。

半パンならロングタイツを合わせるのもカッコよく動きやすいです。

個人的には、下着だと汗をかけば濡れてしまったりチラッと見えてしまう可能性もあるのでトレーニング用のショートタイツかロングタイツを下に履くことをオススメします😊




3.トレーニングシューズ

トレーニングシューズに関しては以前に記事を書いていますのでこちらもご覧下さい!

フィットネスジムに行くときのシューズは、特にどんなシューズでも良いです。

スニーカーでもいいですが、フィットネスを続けていくならトレーニング用またはランニング用のシューズを購入した方がよいです!

トレーニング用シューズはトレーニングしやすいですが、重りを靴の上に落としても大丈夫なように重いですし、スクワットを安定しやすいために靴底が平べったいのも特徴です。

この靴はトレーニングでは安定しますが、ランニングには向いていないので、トレーニング初心者の方はランニングシューズをオススメします!








以上フィットネスジムに行くときの男性の格好でした!


自分に合ったかっこいいトレーニングウェアを見つけて楽しいフィットネスライフを過ごして下さい🤣✨





こんにちは。




筆者の山田周慈です!





もうすぐ夏になりますね。





夏になれば薄着になりますし、海やプールに行く機会もあると思います。




そうするとお腹が気になり始めると思います。





ズボンの上に乗っているお腹や、Tシャツを着るとポッコリ膨らんだお腹、前屈みになったときに指でつまめるお腹になると少しずつ焦りますね。笑






FullSizeRender


僕も身長170cm75kgのお腹ポッコリから3ヶ月で62kgの腹筋が割れるまで絞った経験があります。





本日はそんな僕が、3ヶ月で10kg以上絞った際に食べていた食事について記事にします。




1.基本的に同じ食事を続ける

基本的には、朝はコレ、昼はコレ、晩はコレという食事を3食食べていました。

同じ食事を続けてみて体重が減っていないと、どこかを改善して体重が減るように食事を変化させていました。

毎日違う食事をとると何が原因で体重が減らないかわからないですからね。

ちなみに僕は朝はカルビーのフルグラ(低脂肪乳)、昼は弁当、夜は米・鶏もも肉(皮なし)・サラダ・スープを食べていました。

フルグラはダメとかコンビニ弁当はダメという方はいますが、そこは自分のライフスタイルに合ったものを食べるべきです。

体重が落ちなかったら問題がある可能性がありますが、体重が落ちれば問題ありません。




2.飲み会は断っていた

残念ながらお酒はカロリーが大きいです。

お酒を飲みながらのダイエットは不可能と言っていいでしょう。

僕もお酒は好きですが、痩せると決めた時期だけはやめていました!





3.ジュース・お酒・お菓子の3禁

成人男性が体重を落とすには1日1600kcal〜2000kcalまで落とさないといけません😅

1日の三食の食事にジュース・お酒・お菓子を入れてしまうとゆうにカロリーオーバーしてしまいます。

どうしてもそういう物を欲した際は、ゼロカロリーの物を選びました。






4.食べる時間は気にしない

僕の場合、仕事が終わる時間が遅かったので11時くらいに食べて1時に寝る生活をしていました。

個人的には、食べてから寝る時間を長くしても大きな変化はなかったように思います。

食べる時間よりかは同じ物を食べるかを気にしていました。







5.腹が減っている時こそ体脂肪が燃焼

腹が減っていると食べ物を欲するのは普通です。

特にその時間帯が誘惑に負けてしまいそうだったんですが、お腹が減ってどうしようもないけど食べたい物を我慢できた後は不思議と体重は落ちました






6.腹が減ったらプロテイン

どうしようもなくお腹が減った際にプロテインをよく飲んでいました。

お腹が減った際に水分・タンパク質を低カロリーで摂取できるプロテインは重宝します。

またプロテインには人工甘味料が含まれており、カロリーはゼロにもかかわらず甘いので助かりました。

甘い物を摂取できると満足感があるんですよね!








以上が僕が10kg以上のダイエットを成功した際に食事において気をつけていたことです。



世の中は努力が報われないことは多々ありますが、ダイエットにおいては努力は報われます。



自分を信じてカラダを変えましょう!



IMG_7142

↑このページのトップヘ

google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto