こんにちは!




筆者の山田です😊




カラダの左右差ってどうすれば改善するの??




筆者は、左右差は改善しないと考えています😱




人間の多くの方には利き手があります。




稀に両方使える方がいますが、多くの方は利き手側をメインに使用することが多いですよね?




当然ながら、使用頻度が高い腕側は筋力的に発達しますし可動域も向上しているはずです。




そうした違いからトレーニングで扱える重量も違いますし、感覚が鋭い利き手側の成長が早いのも頷けます👍




左右対称を治すことの方が難しいと考えます💦




また筆者自身も含めて多くの方は自身の左右差に気付いて心配になります。




しかし、思い返してみると街を歩いている他人の左右差を感じたことってあまりないですよね?




他者本人から左右差を説明されると確かにと感じることはあっても、あの人左右差が気になるなぁと気づいた方は少ないと思います😅




ということは実は自身が感じている程、周りの目は左右差を認識していません




人の目が気になるという方は、周りは案外気付いていないことに気付きましょう笑






しかし筆者が今までの経験から、気になる左右差があります。





それは股関節の柔軟性です!






股関節の柔軟性が乏しい側の膝を痛めている人が多いので、股関節の柔軟性の左右差がある方はぜひ改善しましょう✨





本日の結論
「カラダの左右差に気付いているのは自分だけ。ケガのリスクがない限り矯正する必要はない。思い詰めても仕方がない」

IMG_6846