google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto

SHUBLOG『人生にフィットネスを』

とにかくみんなにトレーニング・運動を勧めるブログ! トレーニングのあり方や、自身が考える運動の必要性などを伝えていけたら。 健康についての記事を中心にアップします。

運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスについて疑問に思っていることを解決していくブログ。
運動は一時的に行うのではなく健康的なダイエット、無理をしない運動を一生続けていきたい!
基本的には運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスを肯定していくので心が折れそうな時にも読んでほしい笑

タグ:ダイエット

大好きなお酒を止めずに、できることならお腹の脂肪を落としていきたいですよね!





毎日の疲れやストレスをお酒で癒しているのに、止めないと体脂肪を落とせないなんて厳しすぎますよね。。。





では、実際アルコールを止めないとお腹の脂肪は落ちないのでしょうか?ダイエットできないのでしょうか?







結論から申し上げると、アルコールを続けても体脂肪を落とすことは可能です。





ただ、茨の道であるということは念頭においていただく必要がございます。





筆者はパーソナルトレーナーであり、毎日多くの方の体の悩みや相談を受けています。






自身も体重の増減を確実にコントロールしています。

View this post on Instagram

A post shared by 山田周慈「筋トレ初心者」神戸元町パーソナルトレーナー (@shuuuji.2nd)




そんな僕がパーソナルトレーニングの経験や自身のボディメイクの経験から、アルコールを続けながらダイエットをすることが可能なのか考察します。




この記事を最後まで見ていただけると 、アルコールを続けながらダイエットする方法と、アルコールを止めるメリットを理解できます。





実際にこれから体重を落としたい、痩せたい、お腹のぜい肉を落としたい方は必見です。











①【基礎知識を知ろう】アルコールとは?



アルコールは1グラムあたり7.1キロカロリーを生じます。
アルコール自体のエネルギーは糖質、脂質、たんぱく質といった他の栄養素と異なり、体に蓄えられることのないエネルギー(いわゆるエンプティーカロリー)といわれます。吸収されたアルコールは体に蓄えられる代わりに熱になり、酸素消費量が増えてエネルギーが消費されることになります。
ー厚生労働省 e-ヘルスネットより引用






アルコールとは、エンプティカロリーと言って、カロリーがあるにも関わらず、身にならない特殊な栄養なのです。





カロリーは普通、糖質・脂質・タンパク質という三大栄養素からなります。




それぞれ、糖質は主なエネルギー源になり、余ったエネルギーは筋肉中に蓄えられたり、中性脂肪となって体内に蓄えられたりします。






脂質は、糖質よりも大きいエネルギーを持ち、細胞膜を作る上で欠かせません。





タンパク質は、筋肉やエネルギーとなります。




では、アルコールはどうでしょうか?




アルコールは、エネルギーにもならず、かといって身体を構成することもありません。





気分が高揚したり、酔った状態になることでストレスを発散できるメリットがあります。





ですが、栄養価はなく、人体にとって有害であるため肝臓を中心に解毒され代謝されます。





以前は百薬の長と呼ばれていましたが、最近の研究では、残念ながら百害あって一理なしと結果が報告されます。






栄養価もなく代謝される際に内臓に負担を掛けるという意味では体に悪いですが、ストレス発散や息抜きになるという意味ではタバコと似た立ち位置と言えます。









②アルコールを続けながら体脂肪を落とす方法 







体脂肪を落とすためには、アンダーカロリー(消費カロリー>摂取カロリー)とならなければいけません。




上記にも記述した通り、アルコールにはカロリーがあります。





つまり、アルコールを飲むとその分1日の摂取カロリーが増えます。





お酒を飲みながらダイエットを成功させるためには、1日のアルコール摂取量分のカロリーとその他食事や飲み物から摂ったカロリーを合わせた摂取カロリーを上回る活動量で消費カロリーが増すと痩せる計算となります。





厄介なのは、摂取カロリーも消費カロリーも正確には測れないということ。




例えばデスクワーク中心の方は身体活動がほとんど起こり得ないため、やはり消費カロリーは低いでしょうし、肉体労働者においては身体活動における消費カロリーがかなりあると考えます。





あなたがもしデスクワーカーで、身体活動量は決して高くなく、毎日飲酒を続けながらダイエットしたいのであれば、運動する時間を捻出しカロリーを消費するほかないでしょう。





これらのことから、アルコールを摂取しながらのダイエット・引き締めは理論的には可能ですが、かなり困難と言えます。






筋肉量が一般人より多く毎日筋トレをしている筆者でも体重・脂肪を落とす際は一切のお酒を断ちます(ゆっくり減量する場合は飲みながらでもやりますが、週に1、2回飲酒をするのみ)。






③アルコールを止めた方がダイエットは成功する? 






結論から言うと、
ダイエットが成功するためには、アルコールを止めた方が良いでしょう。



これは間違いないです。



②で示したように理論上はアルコールを毎日摂取してもダイエットは可能です。




ですが、困難を極めるでしょう。



多くの方は運動にそこまで時間を費やせないので。






さて、ここまで読んでいただいた方は、1日どのくらいのアルコール摂取量が推奨されているかご存知ですか?



厚生労働省の示す指標では、節度ある適度な飲酒は1日平均純アルコールで20g程度の飲酒
20gとは大体「ビール中ビン1本」「日本酒1合」「チューハイ(7%)350mL缶1本」「ウィスキーダブル1杯」などに相当
ー厚生労働省 e-ヘルスネットより引用







お酒が好きな人なら理解できると思いますが、この量はかなり少ないですよね?




 こんな量で酔えるか!と思ってしまいます。(酔うのが気持ち良い、お酒を飲む以上ある程度僕は酔いたいので) 
 




僕は、今の生活習慣が今の体を反映すると思っています。




お酒を飲むことが毎日の習慣の人と、週2回の人では週2回だけお酒を飲む習慣の人が痩せやすいです。





毎日飲む習慣を週6回にしたり週5回にする(いわゆる減酒と呼ばれるそう)だけで今の体は少しずつ変化していくでしょう。






某ダイエットにコミットしていく系パーソナルジムでは、完全にお酒を絶つよう言われると思いますが、それではストレスになります。
確かに確実に体重と体脂肪は落ちると思いますが…。






ストレスはリバウンドを産みます。






ダイエットが終わっても元の生活習慣に戻ると元の体に戻ります







ダイエットが終わっても続けていけそうな生活習慣でうまい落とし所を見つけて頑張っていきたいところですね! 





IMG_3663




痩せてカッコいい綺麗な身体になるーーーー





誰しもが1度は夢見ることなのではないでしょうか?







ではどうやって痩せるのか?




真っ先に思い浮かぶのは筋トレなどのキツいトレーニングをしてキツい食事管理をイメージするのではないでしょうか? 





では本当に筋トレや食事管理などのキツいことをしないと痩せないのでしょうか?



答えは「キツい運動をしなくても痩せることは可能」です。






筆者はトレーナーとして延べ1000人以上の方のダイエットをサポートしてきました。

自身もボディメイクをして、痩せたり太ったりは自由自在に変えることが可能です。

その経験から言わせてもらうと、必ずしもキツい筋力トレーニングをしたりキツい食事管理をしないと痩せない訳ではありません





『痩せる=体脂肪を落とす 』
ためには、ある原則に従う必要があります。




『消費エネルギー(kcal)>摂取エネルギー(kcal)』





この原則に則ると、足りないエネルギーは、体内の体脂肪や筋肉を燃やしてエネルギーにします。



 つまり、とにかくエネルギーを消費することが何よりも大切ということです。





同じ時間続けてエネルギーを消費するのは、 確かにキツい運動ですが、キツい運動は長い時間継続できませんよね?






それだったら易しい運動を長時間継続したほうがエネルギーを消費するんです。




激しい筋トレを30分やるより、易しい運動を1時間やった方が痩せるのです。





易しい運動を具体的に紹介すると、

・ウォーキング
・階段を昇る
・自転車を漕ぐ
・プールで泳いだり、歩いたりする
・ケトルベルを振る(下記ページに詳細を載せています)


などなどです。



上記の運動をしっかり続けてエネルギーをよく使うとキツい運動しなくても痩せることが可能です。




あくまで、エネルギーを過剰に摂取しないことが前提ですが。。。




この記事を読んでいるそこのあなた、
今現在の生活を思い返してみてください。




日常生活でエネルギーを消費していますか?



昨今新型コロナウイルスの影響により、通勤時間もなくなった方はいよいよ自身で何か運動を始めるなどしてエネルギーを消費しない限り痩せることはないでしょう。




もちろんキツいトレーニングを続けることができれば痩せるのも時間がかからないでしょうが、やさしい運動でもエネルギーさえ消費できれば痩せていきますので、是非易しい運動から始めてみてくださいね!
 



以上約1年ぶりの更新でした笑


この1年間はYouTubeを更新していました。
https://youtube.com/channel/UCEAyMz878XTpCZGW3iEqdHQ
よかったらチェックしてみてください。




自宅でのオススメの運動(ケトルベルトレーニング)についてはコチラ↓
https://youtu.be/fxS5qfDyIDc






オススメのケトルベルはコチラ↓
https://amzn.to/36felnT



IMG_2519





こんにちは、山田周慈です。






僕はこれまでパーソナルトレーナーとして年間約1,800人のパーソナルトレーニングを指導してきました。


また5年以上フィットネスジムで活動してきて1,000人以上のフィットネス初心者のカウンセリング、パーソナルトレーニング、そして結果を見てきました。





フィットネストレーニングでダイエットを成功するには、一定の条件が存在することに気付きました。






まず第1の条件は継続すること。



ダイエットは1ヶ月でできるものではありません。



よくテレビでダイエット1ヶ月企画というものを見ますが、おそらくあのダイエット方法ではリバウンドします。


体重が落ちる日もあれば落ちない日もある。



むしろ増える日だってあります。




大抵の人は、増えたタイミングで心が折れてしまい継続できません。



とにかく継続してみてください。



継続した上で変化がなければ、パーソナルトレーナーを付けたり色んな方法を調べてみてください。








第2の条件は、ライフスタイルを変えること。

肥満になってしまう原因はおそらく良くない生活習慣。


無理やり生活習慣を変えても、根本から変えないとまた元の生活習慣に戻ってしまいます。


第1の条件である継続することが大切というより、継続できる生活習慣(ライフスタイル)に変えるということが大切です。


結論を言うと、ダイエットとは今までのライフスタイルを変えてしまうことです。


今までのライフスタイルは長年かけて自分を作ってきたもの。


だからこそ変化させることは難しいことであり、ライフスタイルが変化するとリバウンドに悩む必要もないし、自然に体重は落ちていきます。









ダイエット成功のための第3の条件は、フィットネス・運動にハマること。


第一で言った生活習慣(ライフスタイル)を変えて継続することと被るんですが、ダイエットに成功された方、体重が落ちてリバウンドされていない方は、運動・トレーニングに楽しさを見出すことができてジムに来ることや運動することを楽しんでおられる方が多いです。


これこそ生活習慣(ライフスタイル)を変えることの究極ですよね。



今まで嫌だったり面倒だったものを好きにならないといけないなんて。



しかしながらこれができないとダイエット成功しないと怖がる心配はありません。



基本的には、結果が少しでもでると楽しいもんですから。


楽しければ、どんどんのめり込めます。




言うなればフィットネスにのめり込めばのめり込むほどカラダは変わります。






以上3つの条件が整うと、ダイエットは成功します!



僕がジムで見てきてダイエットが成功したお客さんは皆さんあてはまりました!




ぜひ良い未来を想像して楽しいフィットネスを送ってください😁



IMG_7156

 



こんにちは!




筆者でありパーソナルトレーナーの山田です😊




年間1800回のパーソナルトレーニングを担当させていただいている僕が、ダイエット初心者の方やダイエットを始めようかなという方に伝えたいことがあります。





それは今すぐ体重計に乗ることです!






ダイエット=体脂肪量の減少という認識で間違いなければ、もし成功していれば体重が落ちる訳ですよね?





ダイエット始めて1.2週間経ちます。
でも改善がみられません!
その方に「体重計は乗っていますよね?」と聞くと
「嫌な思いするのでまだ体重計に乗っていません」
と答えられることが多いのです。




確かに自分が太ってしまったら体重計に乗りたいくない気持ちはわかります、でも体重計に今乗らなかったらいつ乗るんですか?





体重計に乗っていないのに、体脂肪量の減少がわかりますか??





ダイエット経験者や、ボディメイクのコンテストに出る方ならわかります!





でも一般の方が少し痩せてから体重計に乗ります!と言われることにすごく疑問に感じます。





体重計乗ってないのに、落ちたか落ちてないかどうやってわかるのーっ!?笑





それでなくても体重は身体に残っている水分量でかなり変化があります。






株価のようなもので、昨日測った体重が1kg重くなっていたということもあり得るのです!





この記事を見てくれている皆さん、すぐに体重計に乗ってください!







そして毎日の体重を記録しましょう。





平均して体重が落ちていたら今続けている運動や食事は大成功で、体重が落ちていなかったら何か改善点があるはずです!





栄養過多が叫ばれる現代、生半可な気持ちでダイエットは出来ません。
すぐに心が折れるでしょう。





ダイエットをするならする!しないならしない!
もしダイエットするなら嫌でも体重と目を合わせて過ごしてください。





きっと改善点が見つかるでしょう!





意外と見落としがちな点、


ダイエットを始めた日から体重を測る!

ダイエットはするならする!しないならしない!ダラダラ続けて消耗しない!


という2点が大切です。





厳しい言い方をしましたが、私はダイエットはそういうものだと思っています。




その後のライフスタイルを変える勇気がない場合は、ダイエットしても必ずリバウンドします。





生半可な気持ちを捨てて、ダイエットを始めた方を全力で応援します😊



IMG_7152








こんにちは😊






筆者の山田です👍






ダイエットの原則である



消費㌍>摂取㌍




これまでブログ内でくどいくらいに説明していますよね笑








ダイエットの原則は理解できてもどんな食事をとっていいかわからないと思います💦









そこでオススメするのが、



同じ食事を摂ること



です😊






食事のカロリーがわからない、
とか毎回カロリー計算をするのが面倒、
いう人にやってもらいたいです。





例えば、




朝はバナナ1本とヨーグルト1個とコーヒー1杯
昼は会社の弁当
夜はサラダとおにぎり1個と肉か魚




これを出来る限り毎日のルーティンにするのです。





同じ食事を1週間から2週間続けてみて、体重やカラダに変化があればこの食事を続ける





変化がなかったら、何かを変えて更にカロリーを落とす必要があるということです🤔






ほとんどのダイエット成功者はこの食事を摂れば自分は痩せていくという食事を決めていることが多いです!





本気でダイエットをしたい方は必見です!







本日の結論
「同じ食事は寂しいが、2週間で慣れる」

IMG_0032


↑このページのトップヘ

google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto