google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto

SHUBLOG/運動オタクの知識解放

とにかくみんなにトレーニング・運動を勧めるブログ! トレーニングのあり方や、自身が考える運動の必要性などを伝えていけたら。 健康についての記事を中心にアップする。

運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスについて疑問に思っていることを解決していくブログ。
運動は一時的に行うのではなく健康的なダイエット、無理をしない運動を一生続けていきたい!
基本的には運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスを肯定していくので心が折れそうな時にも読んでほしい笑

タグ:神戸パーソナルトレーニング








以前にも記事にしましたが、トレーニングを始めるに至って、どんな格好でトレーニングするのかわからないという方に解説しました!














今回はこの記事と関連しているトレーニングに合わせたトレーニングシューズ選びを解説します😊









この記事を読むと、行うトレーニング方法に合わせて最適なシューズを選ぶことができます✨









今回はトレーニング別にシューズを選ぶ方法とブランドごとの個人的なイメージをお伝えします!











トレーニング別のシューズ選び



  • 筋力トレーニング…若干重く靴底が平らで靴を曲げたときにあまり曲がらない硬いシューズがオススメ
FullSizeRender









  • ランニング・マラソン…軽くて靴底が柔らかく、カーブしているシューズがオススメ

FullSizeRender








  • 様々なトレーニング…靴底が軽くカーブしており適度な硬さを持つシューズがオススメ
FullSizeRender










王道ブランドの個人的な見解



  • アシックス…言わずと知れた信頼性のある神戸発祥の国産ブランド。日本人の足に合わせて作られており、日本人特有の甲高、幅広のシューズを展開している。中国産が多い。作りがしっかりしている。年配の方には圧倒的な支持を集める。神戸には路面店が多く、実店舗では足の測定をしてくれて人に合わせたシューズを選んでくれる。
IMG_6535








  • ナイキ…世界最大のスポーツメーカー。以前は国産ブランドに比べてオシャレであるが機能性が問題視されていたが、最近はマラソンランナーの大迫選手や箱根駅伝ランナーを始め多くのランナーがヴェイパーフライニットと呼ばれる軽くて厚底のシューズを履いて新記録を量産し話題を集めている。個人的なイメージでは作りが粗いことも多く耐久性も悪いがデザインがクール。若い人に履いている人が多い。
IMG_6533









  • アディダス…ドイツ発祥のブランド。プーマ創業者とは兄弟にあたる。ナイキに比べてしっかりしているイメージ。デザインと機能性を考えるならアディダスが良いかも。高価だが機能性が高いブースト製品がオススメ。
IMG_6534







いかがでしたでしょうか?







ここまで簡単にシューズ選びについてのアドバイスをご案内してきました😁






ここまで言っておいてですが、趣味や健康維持が目的でトレーニングを始める場合は、自分の好みのシューズで問題ありません💦








習慣になるとトレーニング用のシューズを用意してほしいですが、1番最初は動きやすいスニーカーでも大丈夫です👍







本日の結論
「自分の好みのトレーニングシューズが見つかれば、トレーニングするのが楽しくなる」



IMG_6408













トレーニング・運動の目的って様々ですよね😁



当初はダイエットや筋肉をつけたいと思って始めたトレーニング・運動でも継続していくともっとカラダを動かせるようになりたい、いつまでも若々しくありたいであるなど、目的は運動開始当初から変わっていくものだと思っています。



むしろ変わった方がいいです!👍





筆者である山田も、トレーニングを始めた頃は、カラダを変えてカッコよくなりたいと何気なく思って始めたことが、トレーニングや運動の可能性を感じてのめり込み、今となっては職業になっています笑




そんな筆者がトレーニングを始めた頃は、いわゆる筋トレばっかりしていましたが、知識も経験も重ねてきてトレーニングメニューが大きく変化しました🔥



以前は筋トレだけやっていればいいと思っていたのが事実ですが、最近は今までやったことのない動きをトレーニングに取り入れようとしています😤




現在は、出来る限りメニューは多く、非日常的な運動を繰り返し行うようにしています😆




意識してやっているトレーニング種目は、大きく分けると




  • 筋力トレーニング
  • 有酸素トレーニング
  • スピードトレーニング
  • 瞬発力トレーニング
  • バランストレーニング



の5種目になります🏋️‍♂️



お客様にも同じメニューを組んでいます!




筋力トレーニングは、いわゆるダンベルやバーベル、トレーニングマシンを用いた筋力をつけるトレーニングです!



有酸素トレーニングは、ジョギングしたりウォーキングしたり同じ動作を全力の50%くらいで行うトレーニングです!




スピードトレーニングは、全力疾走やラダー、反復横跳びなど全力でスピードを求めて行うトレーニングです!



瞬発力トレーニングは、ジャンプ動作を全力で連続して行うトレーニングです!



バランストレーニングは片脚立ちで行ったり、バランスボールの上でなにか行ったりバランスをあえて不安定にした状態で行うトレーニングです!




今となってははっきりと言えますが、日常生活を体力的に楽に生活したい、いつまでも若々しくいたい、健康のために運動したいと思っている方は、上記のような5種類のトレーニングをした方がいいです!




ぜひ一度パーソナルトレーニングを受けてほしいです😊




本日の結論
「トレーニングには間違いはない、普段やらないような非日常の動きを取り入れよう、わからなかったらトレーナーに聞こう」


IMG_6523



IMG_6527
IMG_6526








写真のように、
床に置いたバーベルやダンベルを持ち上げるトレーニングをご存知ですか??







このトレーニング種目を
デッドリフトと呼びます✨






古くからある種目で、紀元前から行われてきたトレーニングだそうです。








墓守りが死人を安定して持ち上げる動作と似ていることでその名がついたそうな🥶







デッドリフトはフォーム取得が難しく、ジムでデッドリフトをキレイに挙げている人を見ると渋いなぁと感心します笑








そのデッドリフト・ベンチプレス・スクワットの3つのトレーニングをBIG3と呼びます👍








このBIG3はトレーニングの基本とされ、多関節運動であり、全身を鍛えるのに有効です!







デッドリフトのターゲットは、
主に脊柱起立筋・臀部です。







カラダの背側を鍛えることができるので、
姿勢保持やギックリ腰の予防に役立ちます!







また、多関節運動なのでカロリー消費も大きく是非取り入れてほしいプログラムです🔥






個人的にはスクワットよりフォーム取得が難しいと思うので、トレーナーやトレーニングに詳しい人に教えてもらいながら始めた方が良いです💦







動作のコツは、





・バーベルを持つ手には力を入れずに、カラダの近くを通すこと

・カラダを丸めずに胸を張って行うこと

・地面を脚で押すイメージを持つこと








前回ギックリ腰の予防のために水分摂取を勧めましたが、デッドリフトは予防トレーニングです😆







本日の結論
「デッドリフトの姿勢がキレイな人は心もキレイ」



IMG_6528

↑このページのトップヘ

google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto