google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto

SHUBLOG/運動オタクの知識解放

とにかくみんなにトレーニング・運動を勧めるブログ! トレーニングのあり方や、自身が考える運動の必要性などを伝えていけたら。 健康についての記事を中心にアップする。

運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスについて疑問に思っていることを解決していくブログ。
運動は一時的に行うのではなく健康的なダイエット、無理をしない運動を一生続けていきたい!
基本的には運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスを肯定していくので心が折れそうな時にも読んでほしい笑

タグ:柔軟性








こんにちは。








筆者の山田です👍









1番苦手なもの。







ストレッチ。。。








学生時代から柔らかいと思った経験がなく、長座や股割りは苦手でした。笑








当時はストレッチの大切さはもちろん、身体の構造も全くわかっていなかったため苦手なストレッチをあえてやろうとは思いませんでした。








またコーチやマネージャーもストレッチの大切を説いてくれる人は1人もいなかったです😅








この間テニスの錦織圭選手がサッカーの本田圭佑選手とインスタライブをやっていました。







本田圭佑選手からの質問。
「学生時代にもっとやっておけば良かったと思うトレーニングは??」







の回答。
「ストレッチ。柔軟性が高いとケガのリスクはもう少し減らせていたのではないか」と答えていました。









ストレッチは大切とは分かっていても痛いしつまらないしなかなかできないんですよね💦








しかし年々ストレッチの需要性を感じます。







トレーニングの幅や質が変わってきているのですが、トレーニングの難易度が上がれば上がるほど柔軟性が必要になってきます!







特に自身の場合は足関節と背骨と肩関節。
ここが特に硬いです😭😭








自身のパーソナル経験から柔軟性を紐解くと、




・カラダが硬い人ほど筋力が強い傾向にある

・特に股関節、背骨、肩関節の硬さだけでもとるべき

・柔軟性と筋力を兼ね備える人が最強

・年齢が上げれば上がるほど柔軟性の向上が困難に





今が1番若い。






できるだけストレッチしておいた方がいいです。






この記事は自分への戒めのためにも書いています😁笑








本日の結論
「柔軟性が低ければ低いほど脚が速いというエビデンスもある」
IMG_0034





こんにちは!





筆者の山田です😊




カラダ柔らかいのって憧れますよね✨





テレビなんかでよく見るアスリートが開脚を180°パカって開く姿を見て、自分もやってみたいって思ったことはあると思います。






筆者自身もその1人で、ここ何年かは毎日のように柔軟をしていますが、テレビで見たあの開脚はできないでいます笑






筆者は学生時代から同級生よりもカラダが硬かったです。柔軟もほとんどしていませんでした💦



競技的にもめちゃくちゃ柔らかい必要はなかったように思います。





個人的な意見ですが、柔軟性がない人ほどパワーが高い割合が高い人が多い印象です!笑






しかしトレーナーとして柔軟性を考えると、180°開脚できることも、背中で手と手が合わさることもお勧めません。





確かに柔軟性が向上し、可動域が大きくなると活動できる範囲は広がるかもしれない。






ですが、柔軟性が過剰だと脱臼や肉離れを起こすリスクは増えます





また、競技性により柔軟性が必要でない場合、過剰な柔軟性は必要ないし、パワーも弱い。





私の推奨する可動域は、日常生活や運動・トレーニングにおいて動作を阻害しない程度の可動域です。





スクワットが正しい可動域でできたり、カラダがしっかり回旋したり、胸椎を含め背骨が正しく動いたりできれば良いです!






とりあえず肩関節と背骨、股関節さえある程度の柔軟性があればなんとかなります😁笑







本日の結論
「適度な柔軟性が出れば、早速トレーニングしよう。更に可動域は改善する」


IMG_6848

↑このページのトップヘ

google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto