google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto

SHUBLOG/運動オタクの知識解放

とにかくみんなにトレーニング・運動を勧めるブログ! トレーニングのあり方や、自身が考える運動の必要性などを伝えていけたら。 健康についての記事を中心にアップする。

運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスについて疑問に思っていることを解決していくブログ。
運動は一時的に行うのではなく健康的なダイエット、無理をしない運動を一生続けていきたい!
基本的には運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスを肯定していくので心が折れそうな時にも読んでほしい笑

タグ:体操








こんにちは。








筆者の山田です👍









1番苦手なもの。







ストレッチ。。。








学生時代から柔らかいと思った経験がなく、長座や股割りは苦手でした。笑








当時はストレッチの大切さはもちろん、身体の構造も全くわかっていなかったため苦手なストレッチをあえてやろうとは思いませんでした。








またコーチやマネージャーもストレッチの大切を説いてくれる人は1人もいなかったです😅








この間テニスの錦織圭選手がサッカーの本田圭佑選手とインスタライブをやっていました。







本田圭佑選手からの質問。
「学生時代にもっとやっておけば良かったと思うトレーニングは??」







の回答。
「ストレッチ。柔軟性が高いとケガのリスクはもう少し減らせていたのではないか」と答えていました。









ストレッチは大切とは分かっていても痛いしつまらないしなかなかできないんですよね💦








しかし年々ストレッチの需要性を感じます。







トレーニングの幅や質が変わってきているのですが、トレーニングの難易度が上がれば上がるほど柔軟性が必要になってきます!







特に自身の場合は足関節と背骨と肩関節。
ここが特に硬いです😭😭








自身のパーソナル経験から柔軟性を紐解くと、




・カラダが硬い人ほど筋力が強い傾向にある

・特に股関節、背骨、肩関節の硬さだけでもとるべき

・柔軟性と筋力を兼ね備える人が最強

・年齢が上げれば上がるほど柔軟性の向上が困難に





今が1番若い。






できるだけストレッチしておいた方がいいです。






この記事は自分への戒めのためにも書いています😁笑








本日の結論
「柔軟性が低ければ低いほど脚が速いというエビデンスもある」
IMG_0034

巷には最近ストレッチ専門店なるものが出てきました!


ストレッチは筋肉を伸ばすことで、硬くなってしまった筋肉をほぐしたり、筋肉に沿って走っている血流をよくするという効果があります😁


ではトレーニングとはどう違うのかというと、トレーニングも筋肉を伸ばすという面では似ています。

ただトレーニングは筋肉の縮むということ、負荷が掛かることが違います💦


要はトレーニングも筋肉の伸び縮みを負荷をかけてしているのでストレッチ効果もあります。


可動域をとれないとまずはカラダをほぐすストレッチが必要になりますが、可動域がある程度ある状態ならトレーニング自体がストレッチの役割をしてくれます。


そういう訳で、カラダが硬くなることを防いでくれるんですね!


結論をいうとトレーニングをすると、ストレッチの代わりになりカラダも柔らかくなり血流も良くなります!

極論トレーニングをすればストレッチをしなくても良くなります!




本日の結論

「運動すると徐々にカラダも柔らかくなってきます!」

IMG_6437

↑このページのトップヘ

google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto