google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto

SHUBLOG/運動オタクの知識解放

とにかくみんなにトレーニング・運動を勧めるブログ! トレーニングのあり方や、自身が考える運動の必要性などを伝えていけたら。 健康についての記事を中心にアップする。

運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスについて疑問に思っていることを解決していくブログ。
運動は一時的に行うのではなく健康的なダイエット、無理をしない運動を一生続けていきたい!
基本的には運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスを肯定していくので心が折れそうな時にも読んでほしい笑

タグ:フィットネス





こんにちは、山田周慈です。






僕はこれまでパーソナルトレーナーとして年間約1,800人のパーソナルトレーニングを指導してきました。


また5年以上フィットネスジムで活動してきて1,000人以上のフィットネス初心者のカウンセリング、パーソナルトレーニング、そして結果を見てきました。





フィットネストレーニングでダイエットを成功するには、一定の条件が存在することに気付きました。






まず第1の条件は継続すること。



ダイエットは1ヶ月でできるものではありません。



よくテレビでダイエット1ヶ月企画というものを見ますが、おそらくあのダイエット方法ではリバウンドします。


体重が落ちる日もあれば落ちない日もある。



むしろ増える日だってあります。




大抵の人は、増えたタイミングで心が折れてしまい継続できません。



とにかく継続してみてください。



継続した上で変化がなければ、パーソナルトレーナーを付けたり色んな方法を調べてみてください。








第2の条件は、ライフスタイルを変えること。

肥満になってしまう原因はおそらく良くない生活習慣。


無理やり生活習慣を変えても、根本から変えないとまた元の生活習慣に戻ってしまいます。


第1の条件である継続することが大切というより、継続できる生活習慣(ライフスタイル)に変えるということが大切です。


結論を言うと、ダイエットとは今までのライフスタイルを変えてしまうことです。


今までのライフスタイルは長年かけて自分を作ってきたもの。


だからこそ変化させることは難しいことであり、ライフスタイルが変化するとリバウンドに悩む必要もないし、自然に体重は落ちていきます。









ダイエット成功のための第3の条件は、フィットネス・運動にハマること。


第一で言った生活習慣(ライフスタイル)を変えて継続することと被るんですが、ダイエットに成功された方、体重が落ちてリバウンドされていない方は、運動・トレーニングに楽しさを見出すことができてジムに来ることや運動することを楽しんでおられる方が多いです。


これこそ生活習慣(ライフスタイル)を変えることの究極ですよね。



今まで嫌だったり面倒だったものを好きにならないといけないなんて。



しかしながらこれができないとダイエット成功しないと怖がる心配はありません。



基本的には、結果が少しでもでると楽しいもんですから。


楽しければ、どんどんのめり込めます。




言うなればフィットネスにのめり込めばのめり込むほどカラダは変わります。






以上3つの条件が整うと、ダイエットは成功します!



僕がジムで見てきてダイエットが成功したお客さんは皆さんあてはまりました!




ぜひ良い未来を想像して楽しいフィットネスを送ってください😁



IMG_7156







こんにちは!






筆者の山田はこれまでフィットネスジムで何百人、何千人もの初心者の方に相談やアドバイス、パーソナルトレーニングをしてきました!





目標に対して効果を出すために、継続することが必須になります😊





フィットネストレーニング初心者の方に向けた、7つのアドバイスを記事にしていきます!







①ジムは職場か家の近くを選ぼう

継続しないと効果は出ません!
継続のために1番の鍵となるのが、ジムの立地です。
休日に行きたいのに遠いと面倒なので、できれば自宅の近くに探したいものです😉
駐車場や駐輪場があったり、駅から近い所のジム選びのポイントです。
オシャレであるとか気持ちを高揚してくれるジムもいいですね!




②トレーニングウェアは好みの物が見つかるまでは購入しない

ジムに行くにあたって、ジムに行く前に張り切ってトレーニングウェアを購入する方が多いです。
しかしトレーニングジムに行くと実際にカッコいいウェアを着ている人が目についたりすることでイメージが変わる可能性があります。
せっかく購入したのに着なくなることがないように、まずは家にある服で対応してジムに足を運んでから購入しましょう😊



③お金が許すならパーソナルトレーナーをつけて、フォーム修正とメニュー組みをしてもらおう

ジムでフォームを間違ってトレーニングをしている人は多いです。
間違ったフォームは勿論効果も出ません。
例えばゴルフはフォームが固まる前に最初にフォーム指導してもらった方が良いといいますが、ゴルフはフォームが難しいです。
トレーニングに関してはフォームはそこまで難しくありません。
ぜひパーソナルトレーニングを受けて、正しいフォームを指導してもらって下さい😁
YouTubeなどの動画配信を見たり、友だちに聞いたりすることは、お金を払っていない分責任もないことを覚えておきましょう!




④マシントレーニングかフリーウェイトトレーニングかを選択しよう

基礎筋力がない方・運動歴がない方…マシンでのトレーニング
基礎筋力がある方・運動歴がある方、柔軟性がある方・体力がある方…ダンベルやバーベルを用いたフリーウェイトトレーニング
自分に合ったトレーニング方法を選択しましょう😁





⑤トレーナー・スタッフに質問しよう

わからないこと、不安なことはどんどんトレーナーやスタッフに質問しよう。
実は何も話しかけてこなかったり話しかけ難いオーラを感じると、トレーナー側も話しかけ難いです😅
正しいトレーニングをするためにもトレーナーを味方につけるのは大きいでしょう!





⑥基本メニューをこなそう

基本的には、ストレッチ(静的ストレッチ→動的ストレッチ)、ウォーミングアップ(ランニングかウォーキングが最適)、筋力トレーニング(マシントレーニングやフリーウェイトトレーニングなど)の順番でこなすのがよい。




⑦フィットネストレーニングにハマろう

「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますがトレーニングも同じです!
トレーニングが好きになるとどんどんフォームを覚えたり通い詰めたりするので効果が出ます。
するとどんどんハマるので、好循環になります。
ハマるためには楽しくないといけません!
友だちとジムに行ったり、楽しいと思えるメニューを組んだりしてハマって下さい😆







以上でした!
素敵なジムライフをお送りください🏋️‍♂️🔥



IMG_7144








こんにちは!






筆者の山田です😊







本日は自宅トレーニングにとても便利なダンベルについて紹介します😤






ダンベルは大きく分けて可変式ダンベルと固定式ダンベルの2種類あります!







まずは、可変式ダンベルについてご紹介します😤






可変式ダンベルとは、重さを変えることのできるダンベルのことです!






多くのジムに置いてあるダンベルは、固定式ダンベルで重さを変えることはできません💦






最近は可変式ダンベルがマイクロジムに普及してきました。






重りを変えれないダンベルと比べて、安価で場所をとらないのがメリットがあります👍





正直に言うと、可変式ダンベルに比べて固定式ダンベルの方が安定感があります。






ダンベルスナッチなどダンベルを大きく動かすトレーニングでは、可変式ダンベルは壊れそうになります😅





ただ可変式ダンベル1つあればほとんどのフィットネス系トレーニングをすることが可能です。







自宅で場所をとらずにやるなら間違いなくオススメです!











この可変式ダンベルは男性や重い重量を持つ女性にとってオススメのダンベルです。








女性でそこまで持たなくてよいという方はヘックスダンベルという固定式ダンベルを紹介します!




固定式なので安定感はありますし、重さを揃えない限り値段も可変式に比べると安価です。








ヘックス=6角形という意味で、その名の通り六角形のダンベルということになります。






六角形なので、床に置いていても転がることないです。




最近は鉄の周りにラバーコーティングされている物も出ていてカラフルな色も存在するので女性には良い
でしょうか。












本日の結論
「ダンベルは財産」
IMG_7101








こんにちは!







筆者の山田です😊







ブログ開始当初から僕の考え方である、
人間は動物であるということ。







「人間は動きすぎてもカラダは不調を来すが、動かさなすぎてもカラダに不調を来す」







不調というのは肩こり・腰痛をはじめとする機能的問題、または肥満化、生活習慣病などです。






現代においてカラダを動かす機会はどんどん減っています😱





カラダを動かすということは、カラダのあらゆる関節と筋肉を運動させるということです。






通勤時に歩いているだけでは、特に肩関節などの上半身はあまり動いていません。





股関節を中心とする下半身も動きは少ないです。






なのでほとんどの方は仕事以外でカラダを動かす必要があると考えています。






それがどんな運動でも良いです!






ランニング、ウォーキング、サイクリング、ボルダリング、登山、テニス、ゴルフなど…





その中でやはり自身はフィットネスを推したい笑






客観的に見て、フィットネスは健康的になれる・筋肉がつく・全身のあらゆる関節や筋肉を動かせるなど他の運動に比べて時間対効果が大きいです!





この記事を書いて、改めて他の運動との違いを感じました笑




本日の結論
「フィットネスを1か月でも定期的に続けると何かしらの変化が起こるのを実感できる」
IMG_7093









こんにちは!






筆者の山田です😁





私はこれまで沢山トレーニング・フィットネスを継続する方法を提案してきました!




その中で悪を知って善を知れ、ではないですが遊び半分で書いた記事があります。





上記の記事もその一つで、究極の太り方を説いた上で逆説的に痩せる方法を提案しました笑






今回もそういう類の記事です。





エクササイズ・フィットネス・運動のデメリット。







エクササイズや運動が長続きしない方は、やはり多いです。






そこでエクササイズのデメリットや続かない原因を考えてみて、それに対して対策すれば良いのではないかと思いつきました😁



・やり方がわからない
・しんどい、疲れる
・運動後免疫が落ちる
・時間がない
・楽しくない
・場所がない
・道具がない





この辺りでしょうか。





上記のように続かない原因を考え、解決すると続きやすいのではないでしょうか!





・やり方を聞く、調べる
・体力をつける、慣れる
・サプリメントや食事を意識、休息をとる
・逆に時間を決めて行う
・楽しいと思うフィットネスと出会う
・自宅でもできる、近くにジムがあれば良
・道具がなくてもある程度できる




解決策の提案です!





このブログを定期的に読んでいただいている方のほとんどは、トレーニングの継続はストレスに感じていないかもしれませんが、自身が感じるトレーニングのデメリットを挙げた上で改善できると更に心地良く続けることができると思います!






本日の結論
「正直デメリットが思いつかない」
IMG_0047

↑このページのトップヘ

google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto