google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto

SHUBLOG/運動オタクの知識解放

とにかくみんなにトレーニング・運動を勧めるブログ! トレーニングのあり方や、自身が考える運動の必要性などを伝えていけたら。 健康についての記事を中心にアップする。

運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスについて疑問に思っていることを解決していくブログ。
運動は一時的に行うのではなく健康的なダイエット、無理をしない運動を一生続けていきたい!
基本的には運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスを肯定していくので心が折れそうな時にも読んでほしい笑

タグ:ストレッチ








こんにちは。








筆者の山田です👍









1番苦手なもの。







ストレッチ。。。








学生時代から柔らかいと思った経験がなく、長座や股割りは苦手でした。笑








当時はストレッチの大切さはもちろん、身体の構造も全くわかっていなかったため苦手なストレッチをあえてやろうとは思いませんでした。








またコーチやマネージャーもストレッチの大切を説いてくれる人は1人もいなかったです😅








この間テニスの錦織圭選手がサッカーの本田圭佑選手とインスタライブをやっていました。







本田圭佑選手からの質問。
「学生時代にもっとやっておけば良かったと思うトレーニングは??」







の回答。
「ストレッチ。柔軟性が高いとケガのリスクはもう少し減らせていたのではないか」と答えていました。









ストレッチは大切とは分かっていても痛いしつまらないしなかなかできないんですよね💦








しかし年々ストレッチの需要性を感じます。







トレーニングの幅や質が変わってきているのですが、トレーニングの難易度が上がれば上がるほど柔軟性が必要になってきます!







特に自身の場合は足関節と背骨と肩関節。
ここが特に硬いです😭😭








自身のパーソナル経験から柔軟性を紐解くと、




・カラダが硬い人ほど筋力が強い傾向にある

・特に股関節、背骨、肩関節の硬さだけでもとるべき

・柔軟性と筋力を兼ね備える人が最強

・年齢が上げれば上がるほど柔軟性の向上が困難に





今が1番若い。






できるだけストレッチしておいた方がいいです。






この記事は自分への戒めのためにも書いています😁笑








本日の結論
「柔軟性が低ければ低いほど脚が速いというエビデンスもある」
IMG_0034






こんにちは!








筆者の山田です!






本日は腰痛の原因について記事にしたいと思っています!







まずは腰痛による痛みですが、痛みを感じるのは筋肉や関節、靭帯、神経などです。






腰痛の多くの場合、関節や靭帯より筋肉を痛めることが多いでしょう!






腰痛には2種類あると考えていて、オーバーユース(使い過ぎ)による腰痛と、動かなさ過ぎて起こる腰痛








簡単に考えて重量物を繰り返し持ち上げることで起こる腰痛は、持ち上げることを控えたり持ち上げ方を検討しなければなりません。








一昔前ではオーバーユースによる腰痛が大半でしたが、むしろ現代においては動かなさ過ぎて起こる腰痛が多いと感じます。





デスクワークなどで座り姿勢が続くと股関節は90°〜60°くらいで維持されます。





股関節を曲げる筋肉や伸ばす筋肉は腰に引っ付いているものが多いです。





そんな股関節に絡む筋肉が硬くなってしまい柔軟性がなくなって、ふと立ち上がった際や歩き出した際に筋肉が伸ばされて痛みが走ります






こういった方は、股関節のストレッチと股関節を大きく使ったトレーニングを行うと改善します。







何が言いたいのかというと、トレーニング・運動しようよ!ってこと笑






本日の結論
「人間とは二元性の考えがあてはまる。何事もやり過ぎはダメ。やらなさ過ぎもダメ。万物をほどほどに」



IMG_0005












こんにちは!





筆者の山田です😊




カラダ柔らかいのって憧れますよね✨





テレビなんかでよく見るアスリートが開脚を180°パカって開く姿を見て、自分もやってみたいって思ったことはあると思います。






筆者自身もその1人で、ここ何年かは毎日のように柔軟をしていますが、テレビで見たあの開脚はできないでいます笑






筆者は学生時代から同級生よりもカラダが硬かったです。柔軟もほとんどしていませんでした💦



競技的にもめちゃくちゃ柔らかい必要はなかったように思います。





個人的な意見ですが、柔軟性がない人ほどパワーが高い割合が高い人が多い印象です!笑






しかしトレーナーとして柔軟性を考えると、180°開脚できることも、背中で手と手が合わさることもお勧めません。





確かに柔軟性が向上し、可動域が大きくなると活動できる範囲は広がるかもしれない。






ですが、柔軟性が過剰だと脱臼や肉離れを起こすリスクは増えます





また、競技性により柔軟性が必要でない場合、過剰な柔軟性は必要ないし、パワーも弱い。





私の推奨する可動域は、日常生活や運動・トレーニングにおいて動作を阻害しない程度の可動域です。





スクワットが正しい可動域でできたり、カラダがしっかり回旋したり、胸椎を含め背骨が正しく動いたりできれば良いです!






とりあえず肩関節と背骨、股関節さえある程度の柔軟性があればなんとかなります😁笑







本日の結論
「適度な柔軟性が出れば、早速トレーニングしよう。更に可動域は改善する」


IMG_6848

・お客様からのご希望がない限り、基本的には11でトレーニングをして頂きます。

・お客様に対してオーダーメイドでトレーニングメニューを提供して、トレーニングフォームや負荷設定を行います。



大手ジムで働いていたときに、1人でトレーニングしている人のほとんどが正しい動きをしていなかったことから、パーソナルトレーニングでは正しい動きをしていただくことを心がけています😁



負荷設定など、ご自身でトレーニングを行なっていると優しくなっていくものですが、パーソナルトレーニングではお客様の体調や体力、年齢に合わせてトレーニングを作成できます🙌



また、お客様ご自身では気付いていないようなカラダのクセや柔軟性などの弱点を見抜いて補います。


正しいトレーニングを続けていると、不思議なことに自然と普段の生活が変わります。



肩こりがなくなった。体力がついたことで階段が楽に登れるようになった。通勤や仕事のしんどさが変わった。食欲が湧いてきた。膝の痛みがなくなった。など

嘘みたいですが本当にそう言われます!


とにかく1.2ヶ月でもパーソナルトレーニングを続けてみてください😁


必ず、見た目の変化も普段の生活も良い意味で変化していきます🌅


本日の結論

「運動を始める際は、できるだけパーソナルトレーニングを受けた方が効率が良い」

IMG_6431

巷には最近ストレッチ専門店なるものが出てきました!


ストレッチは筋肉を伸ばすことで、硬くなってしまった筋肉をほぐしたり、筋肉に沿って走っている血流をよくするという効果があります😁


ではトレーニングとはどう違うのかというと、トレーニングも筋肉を伸ばすという面では似ています。

ただトレーニングは筋肉の縮むということ、負荷が掛かることが違います💦


要はトレーニングも筋肉の伸び縮みを負荷をかけてしているのでストレッチ効果もあります。


可動域をとれないとまずはカラダをほぐすストレッチが必要になりますが、可動域がある程度ある状態ならトレーニング自体がストレッチの役割をしてくれます。


そういう訳で、カラダが硬くなることを防いでくれるんですね!


結論をいうとトレーニングをすると、ストレッチの代わりになりカラダも柔らかくなり血流も良くなります!

極論トレーニングをすればストレッチをしなくても良くなります!




本日の結論

「運動すると徐々にカラダも柔らかくなってきます!」

IMG_6437

↑このページのトップヘ

google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto