こんにちは!







筆者の山田です!









そもそも二日酔いとは、、





いまだはっきりとした原因がわかっておらず様々な説があります。






二日酔い対策



お酒は基本的には、胃と小腸で吸収されます。



小腸からの吸収が8割で、ほとんどは胃から吸収されます。




飲酒の際につまみや食事を食べると、食物は胃に残るため酒も胃に残りやすく急激なアルコール濃度上昇も起こりにくいため悪酔いしません。




飲酒する際は先に食べ物を胃に入れる、またはつまみと一緒にゆっくり飲酒すると二日酔いになりにくくなります!




空腹時に飲酒をすると胃を通り抜けて小腸に達するので、アルコール濃度も上昇しやすく酔いが回りやすくなります。










二日酔いになってしまったら…




また二日酔いには脱水と低血糖状態が関連があることがわかっており水分補給と米や小麦などの糖質を多く含む食べ物を摂取すると良いです。






塩はカラダに水を蓄えるはたらきのあるナトリウムというミネラルが豊富であることから例えばポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツ飲料はミネラルも豊富にふくまれているため二日酔いなどの脱水症状にも効果的です。






またビール中ビン1本(20g)が、分解されるのにおよそ男性では2.2時間、女性では3時間程度かかります。





二日酔いやお酒が強い人ほど分解が速い人です。







二日酔いに関しては、とりあえず飲み過ぎないようにすることが肝心ですね笑










本日の結論
「二日酔い対策は、なにか食べ物と一緒に飲酒する、水やジュースなどで水分補給を行う、糖質を摂る」







厚生労働省eヘルスネット参照



IMG_0065