こんにちは!






筆者の山田です😊✨







「太りやすい体質とか太りにくい体質
テレビや雑誌やメディアでよく目にするワードだと思います。







Tarzanという雑誌の表紙に載ってそうな言葉ですよね笑笑







実際にあるのでしょうか??






正直にお伝えすると、残念ながら太りやすい・太りにくいというカラダはあります😱







なぜ太りやすい体質の人と太りにくい体質の人がいるのかと言うと、食物からの栄養摂取の割合が人によって異なるからです。







例えば高脂質の定番チョコレートやラーメンを食べたとして、食物から脂質を吸収しやすいカラダとほとんど吸収できないカラダの人が存在します。






皆さんの周りにはいくら食べても太らない方もいれば、あまり食べていなくても太ってしまう方もいるかと思います💦







カラダを構成する要因として、生活習慣からくる運動や筋肉量もあるでしょうが、最も強い要因はおそらく太りやすいとか太りにくい遺伝子でしょう😭







残念ながら太りやすい体質の方もいらっしゃいます。






だからといって悲観する必要はないと思います。






太りやすい遺伝子の人だって、体質と向き合って自分を律することで太っていない人だっています!





まずは自分が他の人と比べて太りやすいか太りにくいか判断してみましょう😊👍






大抵の方は判断がつくと思います💦







太りにくい方は、もう少し食事を管理できるともっと引き締まってきます。







残念ながら太りやすい方は、自分の体質を受け入れ自分を律して過ごせると引き締まるはずです👍






時に自分に厳しく、時には自分に優しく食事を管理していければ良いですね!






本日の結論
「遺伝には敵わないが、自分の体質を受け入れて過ごしていくしかない」


IMG_7080