google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto

SHUBLOG/運動オタクの知識解放

とにかくみんなにトレーニング・運動を勧めるブログ! トレーニングのあり方や、自身が考える運動の必要性などを伝えていけたら。 健康についての記事を中心にアップする。

運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスについて疑問に思っていることを解決していくブログ。
運動は一時的に行うのではなく健康的なダイエット、無理をしない運動を一生続けていきたい!
基本的には運動・トレーニング・エクササイズ・フィットネスを肯定していくので心が折れそうな時にも読んでほしい笑








こんにちは!






筆者の山田です👍🔥






ご自宅でのトレーニングの際にダンベルがない場合、ペットボトルを用意してください!







重さ的には1Lのペットボトルですが、持ちにくいため500mlのペットボトルをオススメします😊







水を満タンいれれば当然500gですが、砂を満タンいれれば800〜900gになるそうです!








ペットボトルダンベルのデメリットは、かさばったり見栄えが良くないことです😅







メリットは安価、処分できることでしょうか。









下記が自宅でできるペットボトルダンベルトレーニングです!




・アームカール
・ショルダープレス
・サイドレイズ
・ブルガリアンスクワット
・ワイドスクワット
・オーバーヘッドリバースランジ
・オーバーヘッドスクワット
・フレンチプレス
・ローイング
・チェストプレス
・カーフレイズ




写真や動画を見てもらった方がいいので、わからないトレーニングはYouTube等で検索して下さい笑






ペットボトルを使用してトレーニングですが、全身鍛えることは可能です😤






できればケトルベルかダンベル3kgか5kgを買えればやれることは更に増えます😊






本日の結論
「最近自宅でのトレーニングにハマっている」

IMG_0031









こんにちは!





筆者の山田です!






経済的な影響は計り知れませんが、コロナによる自粛で本来消費できていたであろうカロリー量も計り知れないことになっています😅笑






例えば週に5日通勤して仕事していた人が、通勤を含めて外出自粛になると明らかに活動量は減ります💦






基礎代謝はご存知でしょうか?





基礎代謝とは、、

身体的活動なしに1日で消費されるであろうカロリーのことを言います。


1日中ベッドの上でじっとしている状態はあり得ないでしょうが、それでも心臓が動いたり脳が動くことでカロリーは消費されます!






男性ではあれば1500kcal/日、女性であれば1200kcalと言われています。







そこから通勤したり仕事をしたり運動することで活動時消費カロリーが上乗せされます(活動時代謝量)😊







推定ではありますが、この活動時代謝量は人によって300〜1500kcalくらいあります!








一概には言えませんが、おそらく在宅勤務になった方は1日の活動時代謝量は300〜500kcalほどでしょう。








基礎代謝と活動時代謝量を併せて、1日の消費カロリーが男性なら1800kcal以下、女性なら消費カロリーが1500kcalになります😅
それ以上に食べると食べ過ぎということになります😱😱😱





1日1500kcal以下の食事って相当キツいですよね💦





できる限り家の中で動きましょう!
家事でもいいですし、もちろんトレーニングでもいいです!





参考までに主に自宅でできることの活動時代謝量を書いておきます。





・ウエイトトレーニング…200kcal/30分
・ストレッチ…100kcal/30分
・デスクワーク…50kcal/30分
・散歩…110kcal/30分
・家事…90kcal/30分










また活動量が不足すると身体的傷害も発生しやすいです。




腰痛や肩こり、五十肩、頭痛、冷え性、むくみなど挙げればキリがありません。





この1ヶ月で太ってしまわないように、運動不足にならないように気を付けましょう😊




本日の結論
「スポーツは全体的にカロリー消費が大きい」
IMG_0029


参考文献






こんにちは!






筆者の山田です。





ここ最近は新型コロナウイルスについての記事ばかり書いていますが、本日もそうです💦笑





自分が契約しているジム2件とも緊急事態宣言を受けて閉鎖することになってしまいました😭






国家として非常事態で、人が密集したり換気しにくかったりするのでジムの閉鎖というのは仕方がないのかもしれませんが、昨日まで楽しくトレーニングしていた場所が閉まってしまうのは寂しいです。





閉鎖になってしまうとウイルスの心配なくマスクの着用せずに楽しくパーソナルトレーニングを受けて頂いていたことが自分にとって生きがいだったんだなと改めて気付かされました。





ジムが閉鎖になってしまったからタブレットやスマートフォンを使用して自宅でトレーニングしましょう!という流れになっていますが、正直に言うとジムの雰囲気・面と向かって話す場の空気感・楽しさには敵いません。








今は泣き言もいってられないので切り替えます🔥






この場を借りて、この休業期間に成長する目標を立てたいと思います。



・ブログを毎日書く(もはや当たり前)
・パワースナッチの習得
・足関節の柔軟性向上
・カラダの引き締め
・再度解剖学の勉強



このくらいでしょうか。







普段できないことをやるチャンスと捉えて休業明けに成長できているように頑張ります。





いつもご利用いただいている皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解ご協力のほど宜しくお願いします🙇‍♂️





本日の結論
「今こそサービス業だけに頼らない仕事作りを」
IMG_0028






こんにちは!






筆者の山田です😊







自宅でもできるトレーニングでオススメno.1がワイドスクワットです!








ワイドスクワットは名前の通り、通常のスクワットに比べて足幅を広くして行うスクワットです。




気をつけたいのが大きく足幅をとることですが、そこで膝が内側に向かわないこと





膝はガニ股のように大きく外に向けてやってみましょう👍





膝に痛みが出れば間違ったスクワットと言えます!








通常スクワットに比べて内ももにある内転筋や、お尻にある大臀筋の活動量が増えるため下半身・腰回りの引き締めに効果的です。







実際にお客さんに継続してやってもらうとほとんどの方に変化があったと言われます。





騙されたと思ってやってみて下さい!







自身の体重を利用した自重でもいいですし、ペッドボトルやダンベルを持って負荷をかけることも可能です。







また、ボトムポジションで3秒ほどキープして10回以上行えばかなりの負荷になるのでお試しください🏋️‍♂️







翌日の筋肉痛が内もももしくは臀部にこれば正解です!笑





IMG_7013




上の写真よりも大きく足幅をとって下さい😊






本日の結論
「自重もしっかりやれば十分キツい」








こんにちは!






筆者の山田です。






昨日、新型コロナウイルス感染対策で、安倍首相がついに緊急事態宣言を発令しました。






この発令には強制力はなく、あくまで国民の努力義務ということですが、フィットネスジム等の大型施設は閉めざるを得ない状況にあります。





正直なところ、僕自身が今後についてとても不安な気持ちになっています。





違うことを考えていても、ふと我に帰るとコロナウイルスの影響について考えています。






何度考え込んでも出てくる答えは、今できることをしよう!という考えしか思い浮かびません💦





ウイルスが終息した時に色んな意味で成長できているように頑張りましょう!





今後は自宅でもできるトレーニングについて記事にしていきたいと思ってます😊







本日の結論
「明日が心配なのはみんな同じ。とにかく健康に乗り切ろう」

IMG_0026







こんにちは!




筆者の山田です!







少し前に大阪にあるBAR兼ジムである「shout」さんというジムにパーソナルトレーニングを受けに行きました!(新型コロナウイルスが流行する前です)






夜はBARとしてお酒を飲める場所でもあり、お酒を飲む前ならトレーニングできるという珍しい店です。





神戸にもそんなところがあったらいいですねー🤔笑






店内はバーカウンターやテーブルがあり、奥に四角のトレーニングスペースがありました。





マシンなどは置いておらず、あるのはダンベル、ケトルベル、バーベル 、ハーフラック、ベンチ台といったシンプルでフリーウエイトのみの道具でした。










道具はほとんどrogueで揃えていましたし、ダンベルもヘックスダンベルで床に置いてあるというボックスでしたのでトレーニング好きの方はテンション上がると思います!




IMG_0036




大阪にお住まいの方、大阪に遊びに行く方は是非伺ってみて下さい😊






本日の結論
「早くコロナが収束して、色んなことを思い切り楽しみたい」











こんにちは!





筆者の山田です!







この度トレーニングシューズを新調しました🔥






以前からナイキのペガサス33というシューズを愛用していました😁






細かく言うとナイキのペガサスはランニング用シューズです!





トレーニングシューズは下の写真のように本当は硬めの底や硬めの素材で、平べったい靴底なんです。



FullSizeRender






硬い素材や靴底は、重量物を持つときに安定するし手が滑って落下した際も足部の怪我を守ってくれます👍




ただデメリットもあって、走りにくいんですよねー💦





素材が硬いので踏ん張る際に上手く曲がってくれないし重いんですよね。





本当はトレーニング内容によって靴を選択するのが正解なんですが、手間なんです笑






話を戻してペガサスの良いところはランニング専門でもトレーニング専門でもないちょうど間な所です!笑





ランニング専門シューズはこんな感じで靴底が反っており、素材も軽く柔らかいのでトレーニングには向かないんです!

FullSizeRender





ナイキのペガサスというシューズは1985年に発売されて毎年アップデートされています!





私はこのペガサスの最新モデルであるペガサス36を購入しました!



FullSizeRender



このペガサス36は、トレーニング専用シューズのような硬さがある訳でもなく、ランニング専用シューズのような柔らか過ぎる・軽過ぎることもないので気に入っています!






私の持論で事あるごとに言ってますが、トレーニングにおいてシューズやウェアはモチベーションをあげる上で大切な要素だと思うので是非モチベーションの上がる好みのウェアを着てトレーニングに励んでほしいです!






皆さんも良いシューズライフを!😊






本日の結論
「シューズ選びでトレーニングの質は変わる」
IMG_0003







こんにちは!






筆者の山田です!






「グルテンフリー」ってなんのこと?




カラダにいいの??






そんな疑問について記事にしていきます。





  • グルテンとは
グルテンは、小麦やライ麦などの穀物に含まれるタンパク質の1つ。


摂取することでアレルギーの原因となりうる。



よくある間違いでグルテンを糖質と勘違いしてしまう方が多い。


グルテンフリーとは、グルテンを使用しない食品のこと。




  • グルテンフリーと記載できる条件
20ppm以下






  • グルテンフリーの本当の効果
小麦アレルギーの予防
小麦の代謝不良の対策







  • グルテンフリー=ダイエットは間違い!


グルテンフリーにすると痩せるというのは大きな間違いです。





グルテンフリーの食事をするとグルテンを多く含む小麦を摂取できないということになるため結果的にダイエットに成功する可能性がある、ということが正解です。




ただしグルテンを含まない食べ物はビタミンやミネラルなどの栄養素が少ない食品になります。




グルテンフリーの長期的な実施で健康になるというエビデンスはないようです。






  • 結論

グルテンフリーの食事を選ぶだけでダイエットできるということではありません。



小麦が使用されていないということだけです。



ビタミンやミネラルが不足するため健康的とは言えない。








本日の結論
「物事の本質を見よう」
IMG_0004






こんにちは!






筆者の山田です!








アスリートがトップスピードで走っている姿勢ってカッコいいですよね!







どんな競技でもスピード感に、客は感動し歓声を上げるのだと感じています。







例えばサッカーでカウンターの瞬間や、リレーでアンカーにバトンが渡った瞬間などトップスピードに乗った状況に興奮します!








最近アスリートのスプリントを見ていて、姿勢の違いに気がついたので紹介します。






これを見ると走る姿勢と走りの速さの関係性はあまりないのかな…と思ってしまいます。







IMG_6992




上がラグビーの福岡堅樹で下の写真がウサインボルトです。


IMG_6993








加速中かトップスピードの写真かわかりませんが、福岡選手は猫背気味で、ウサインボルト選手はカラダを起こしていますよね。







脚の速い選手はカラダを起こしている選手が多い印象でしたが、福岡選手やラグビー大畑選手は猫背気味で走る選手なんです💦







ラグビーだから前傾気味になるって訳ではなさそうですが😅




もう少し研究してみます!





本日の結論
「人はなぜ早く走れるか分析して結論付けたがるが、説明できないのかもしれない」








こんにちは!








筆者の山田です!






本日は腰痛の原因について記事にしたいと思っています!







まずは腰痛による痛みですが、痛みを感じるのは筋肉や関節、靭帯、神経などです。






腰痛の多くの場合、関節や靭帯より筋肉を痛めることが多いでしょう!






腰痛には2種類あると考えていて、オーバーユース(使い過ぎ)による腰痛と、動かなさ過ぎて起こる腰痛








簡単に考えて重量物を繰り返し持ち上げることで起こる腰痛は、持ち上げることを控えたり持ち上げ方を検討しなければなりません。








一昔前ではオーバーユースによる腰痛が大半でしたが、むしろ現代においては動かなさ過ぎて起こる腰痛が多いと感じます。





デスクワークなどで座り姿勢が続くと股関節は90°〜60°くらいで維持されます。





股関節を曲げる筋肉や伸ばす筋肉は腰に引っ付いているものが多いです。





そんな股関節に絡む筋肉が硬くなってしまい柔軟性がなくなって、ふと立ち上がった際や歩き出した際に筋肉が伸ばされて痛みが走ります






こういった方は、股関節のストレッチと股関節を大きく使ったトレーニングを行うと改善します。







何が言いたいのかというと、トレーニング・運動しようよ!ってこと笑






本日の結論
「人間とは二元性の考えがあてはまる。何事もやり過ぎはダメ。やらなさ過ぎもダメ。万物をほどほどに」



IMG_0005








↑このページのトップヘ

google-site-verification=Agx3Ymik6M98y7CKvK1hvT40Hl5RNPmnj1Kp_8iOOto